Top > バレンタインの思い出 > バレンタインの思い出

バレンタインの思い出

年が明けて早いものでもう2月になった。2月といえば節分とバレンタインがある。恵方巻きは食べてないが、チョコレートは食べられた。しかも女子からプレゼントされたチョコレートだ。最近はバレンタインにチョコを貰えなくてもなんとも思わないが、中学や高校の時はバレンタインは一大イベントだった。バレンタインが近くなると男子はそわそわし始める。チョコも貰えるか気になって仕方ないからだ。モテる男子はいいが、モテない男子にとってこんなに辛い日はない。よくよく考えればバレンタインは過酷なシステムだ。自分がモテないことをみんなの前で晒さないといけないからだ。そんなチョコを貰えない男子を不憫に思うのか救世主が現れる。義理チョコをクラスにばら撒く女子だ。義理チョコなので10円くらいで買えそうな簡易なチョコだ。本命にはちゃんとしたチョコを渡すのだろうが、10円チョコでもモテない男子は貰えると嬉しいものだ。貰えたチョコ0という汚名を免れた事に安堵する。そして実は義理チョコじゃなくてあの子は自分に気があるのではと勘違いする。それが勘違いだという事に気付きまた落胆する。貰ったチョコレートを食べながらそんな昔の事を思い出した。

1日分のビタミン最安値

バレンタインの思い出

関連エントリー
バレンタインの思い出